最後はひとり

季節で言うなら10月か11月頃がいいと考えています。12月から1月は年末年始で忙しい時期。2月は一番冷え込む。3月・4月は年度末であり新年度スタートで多忙。5月は連休があり予定が入る。6月は梅雨。7月~9月の夏場は暑いので、避けたい。
自分が死んで葬式をするのであれば、どの季節がいいかを考えた結果、やはり秋かと思います。

明治生まれの祖父が亡くなったのは数年前の10月中旬、穏やかな天気でした。98歳の大往生。私は長生きは無理でも、落ち着いた季節のなかで同じように最後を迎えたいと思いました。あくまで理想であり、こればかりは選べないのは十分承知していますが。

横須賀市では「エンディングプランサポート事業」
を新たにスタートしました。

横須賀市エンディングプランサポート事業
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3040/nagekomi/20150619.html

紹介記事
http://www.caretomo.com/carenews/4907

画像


画像

一人暮らしで身寄りがなく、収入・資産が一定額以下のご高齢の市民の方、ご本人が対象となります。
必要に応じて、専門家の相談もご案内します。

全国的に先例がほとんどない事業です。
問い合わせは現在のところ、包括支援センターから数件、個人からはまだないそうです。
事業の内容上、周知することが非常にむずかしいと、市の担当職員の方から教えてもらいました。

・新聞紙面や折り込みでお知らせしても、新聞を購読されていない。
・町内会や自治会に入ってなければ回覧板もまわらない。
・パソコンや携帯電話などによる周知も、それらを所有していなければむずかしい。
・地域の民生委員さんも、内容がデリケートなので他人の口から案内や説明しづらい。

一番お知らせしたい方に通知する方法・手段を考える必要があります。
こどもがいない私は妻を看取ったあと、認知症になる前に身辺整理を自分ひとりで進めておくつもりですが、時代背景の影響を受ける自治体の事業、課題もあります。

イベントや行事などと違い、とても地味な事業ですが、これからの時代に必要な取り組みだと私は考えます。必要とされる方に周知する手立てを考えていきますが、ヒントのようなものがあれば教えて頂きたいと思います。

naosi-isaka@yokosuka-city-council.jp

エンディングサポートプラン事業に関する、アドバイスやご意見あればぜひお寄せください。
よろしくお願いいたします。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック