草木に接する効能

訪れた方ならおそらく共感してもらえるかと思いますが、写真撮影するなら必然的にこの角度になります。
津久井に建つ市立万代会館。
昨日、「万代会館を愛する会」の発会に向けた準備会議に参加するため、小雨が降った4月5日以来に玄関をくぐりました。
これまでも何回か紹介してきましたが、5月に来館するのは初めてです。

画像


台所で、やかんを火にかけながらお茶の支度をしている最中、ボランティアで建物の修理をしてくださっている職人さんと偶然お会いすることができました。黒足袋を履いている姿を見て、うらやましくなってしまう気持ちが少しだけ沸き起こりましたが、沸騰したお湯の音が打ち消してくれます。

画像


入り口付近に咲くゼラニウム? 
横須賀市に寄贈された経緯をもう一度見直して原点にたち、いろいろな角度や視点から存続に向けた取り組みを進めていきたいと考えます。

木と土と茅など、基本的に土に還る素材でつくられている中に身を置くと体が軽くなる効果があるように感じます。波打つ板ガラスは相当貴重なものらしいと教えてもらいました。

畳のうえに3時間近く座するのも、本当にひさしぶりでした。



















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック