未来のおとなへ

昨日のブログで、候補者の政策を伝えると同時に、話し方やふるまいなどから人物像・人柄を有権者から見て投票の際の判断材料のひとつにしていただきたいと述べました。

朝の駅頭活動で、通学途中の子どもたちには語りかけるように「おはよう。気を付けて行ってらっしゃい」と声をかけます。ニコっと笑みを返してくれたり、不思議そうな表情で見つめられたり、さまざまな反応が返ってきます。
いろいろな子がいてこちらが楽しい気分にさせてもらいます。

学校が終わった時間に、ハンドマイクを抱えて政策を訴えていると学校帰りの子どもたちから笑顔で手を振ってもらいます。夕方、長井の小さな公園から6人の子どもが駆け寄ってきて「握手してください!」と言われて喜んで握手。小さな手を握ると、こちらが恥ずかしい気持ちになり参りました。

子どもたちから見て自分はどのような大人に見えるのか。別れ際にブンブンと「がんばれー!」と大きく手を振ってくれる少年少女の姿を見て思いました。
曇りなきまなざしで見た候補者は、彼らにとってどんな存在なんでしょうか。
子どもたちの良き手本となりたい気持ちはありますが、明日、選挙活動をする私をみてどのように感じるか聞いてみようと思います。

予想もしなかった答えが返ってくることを期待して。

画像


「君らが将来、政治家になるんだよ」
「えー、やだ!」
















この記事へのコメント

  • 三浦市民

    13:40頃、エーコープ後援者の方が演説してましたが、道交法違反してまでの行動はあなたの指示なのでしょうか。
    無許可の歩道の駐車・車道での演説です。
    2015年04月22日 13:49

この記事へのトラックバック